引き寄せの法則の仕組みさっくりとまとめてみた

みなさんこんにちはー!

みあですー!!

今回は、スピリチュアルなことを話す上で避けては通らない引き寄せの法則をさっくりとまとめてみるよー!

引き寄せの法則っていうと、スピリチュアルが大嫌いな人でも知っている超有名ワードだけど、実はスピリチュアルを説明する上での根幹的な法則だったりする@@

スピの世界では、何でもありとあらゆるものを自由自在に引き寄せて好き放題生きるとか、夢物語を語っているようなことを言ってるもんだから、引き寄せの法則それ自体が怪しまれたりすることもあったりするんだけど、れっきとした法則なんだよねー。

で、この引き寄せの法則なんだけど、どういう法則かっていうと、、、

欲しいと願ったものをなんでも現実化してしまうという法則です。

 

 

 

はい、もう超怪しいですね!!!

そんなことあるわけないじゃーんって@@@

 

 

じゃあ、お金欲しいと言えばお金が手に入るのか?

そんなことできたらみんな億万長者じゃーんって@@@

無理に決まってるじゃーんって@@@

 

なんだけど、狙ったものをピンポイントで引き寄せようとすると、実は難しかったりする。

 

 

まず順番にみていくと、引き寄せの法則自体は、返報性の原理を応用したものです。

 

返報性の原理っていうのは、行いが自分に返ってくるっていうやつね。いいことすればいいことが返ってくるし、悪いことすれば悪いことが返ってくる。

 

思考も行動の一種なので、お金が欲しいと願えば、お金が返ってくるということ。

 

これを、自分自身を視点に見ると、お金を願って引き寄せたことになる。これが引き寄せの法則。

 

 

が、実際問題として、望んだ通りのお金を引き寄せるためにはテクニックが必要だったりする。

 

 

なぜか?

 

 

本当に欲しいものはお金ではなくその先にある動機だから。

 

 

本来、お金が欲しいのは、幸せになるためなんだけど、動機が悪いと結局幸せになることができない

 

 

例えば、お金が欲しい動機が、生活苦になることに対する恐怖心だとしたら、お金を引き寄せると同時に、生活苦になることに対する恐怖心を引き寄せてしまう。つまり、幸せにならない@@

 

お金が欲しい動機が、他者から認められないことに対する不安だとしたら、お金を引き寄せると同時に、他者から認められないことに対する不安も引き寄せてしまう。これまた、幸せになることはない@@

 

純粋にお金がただ欲しいって人は殆どいないと思うので、お金が増えるのではなく、その動機まで引き寄せて、結果幸せになれない、これじゃー意味がないよね@@

 

 

と言った感じで、引き寄せの法則は、動機ごと引き寄せてしまうので、注意ねーってお話。

 

ポジティブな動機、例えば、お金が欲しい動機が、人を幸せにしたい、だとしたら、お金を引き寄せると同時に、人を幸せにすることも引き寄せることになり、みんな万々歳。

 

 

ネガティブな動機だと、ネガティブなものを引き寄せてしまうので、結局問題解決できず、心底ポジティブに生きて、ポジティブなものを引き寄せようねーという法則でした!!