いやいや仕事を続けてはいけないたった一つの理由と楽しく仕事をする方法

みなさんこんにちはー!!

みあです!!

 

今回は、いやいや仕事をするとどうなるのか!!?科学的に見ていくよー!!

 

よく、巷では好きなことを仕事にしろとかいうけど、じゃあなんで、好きなことをしなきゃいけないのか、8年ぐらいずっと考えてた。

 

好きなことを仕事にしないと絶対ダメで、好きなことをしないと勝てないと思っていたもんだったから、社会経験皆無のまま、大学卒業後即起業して、ブロガーへの道を選んだりもした。

 

 

だけど、自分で選んだはずのブロガーの仕事だったけど、好きなことだったかというと、正直怪しかった。

 

 

そもそも、ブロガーになったのは、ビジネスでの戦いに負けて負けて負けて、流れ着いた先がたまたまブロガーで、たまたまうまくいっただけで、好きだからブロガーをやっていたというのには程遠い状態だった。

 

 

そういう状態だったけど、5年ぐらいプロブロガーとして仕事をしていた。収入もぼちぼち入っていたし、生活も成り立っていた。

 

 

あーだこーだ、上司から言われたり、決まった時間に起きて決まった時間に仕事したりする、自分にとって可能な限り、嫌なことを遠ざけることはできていたけど、それでも仕事が好きとは言える状態ではなかった。

 

 

仕事ができる人は、楽しそうにやっている人も多いけど、必ずしも楽しそうにやっているかというと、そういうわけではなく、生活のために渋々やっている、みたいなつまらなそうな発言を散見していたし、仕事ができるのと、好きな仕事をやるのは別の問題だということもわかった。

 

 

じゃあなぜ、いやいや仕事をやってはいけないか。

 

 

それは・・・

 

 

 

いやいや仕事をやっても幸せにはならないから。

 

 

 

確かに、自分自身で仕事を続けたことで、あーだこーだ、上司から言われたりすることもなかったし、決まった時間に起きて決まった時間に出勤するような理不尽も遠ざけることはできた。

 

 

しかし、嫌なことを遠ざけることはできても、それが良い状況とはとても言えなかった。

 

 

むしろ、あーだこーだ言われてる方がまだ幸せだったんじゃないかと思う。

 

 

実際問題、理不尽の中にも人としての温かみがあったりするもんだし、それを感じるチャンスがあるだけ、理不尽がなく、全く温かみがない生活よりはまだいいんじゃないかって。

 

 

それで、なぜ楽しくできなかったかというと、、、

 

 

 

動機が不純だったから

 

 

  

もう少しいうと、

 

いやいや仕事をやりたくないという、

 

 

 

 

いやいや回避というネガティブな理由で仕事をしていたもんだから、いやいや仕事をやりたくない状態を維持するというネガティブなものを引き寄せてしまい、自分自身がどんどんネガティブになっていった

 

 

ということが今ならわかる。

 

 

 

 

だから、

 

 

 

仕事をするなら、絶対ポジティブな理由を堅持すべきだし、それができないなら、その仕事はすぐ辞めてしまった方がいい

 

 

 

ということになる。

 

 

仕事が面白くないと思っていたらネガティブになっていないか要チェック。ポジティブに生きようねーってお話でしたー!!